他のシナリオと連携しよう

ボットの中で作ったシナリオ同士は連携させることができます。
話題ごとにシナリオを分け、条件分岐したあとの対話を別のシナリオに遷移させるという使い方を試してみましょう。

シナリオを分けることで、全体の見通しが良くなり、シナリオのメンテナンスもしやすくなります。

エンジニア向け情報 : APIで呼び出す際にシナリオIDの変更を意識する必要がなくなるため、クライアント側の実装コストを減らすことができます。

別のシナリオへ遷移させる

シナリオ間の遷移は、シナリオ遷移ボックスを利用します。シナリオ遷移ボックスは必ずシステム発話ボックスの後ろにつなげましょう。システム発話の後に、次のシナリオへ自動的に遷移させることができます。

スクリーンショット
シナリオ遷移ボックスの配置

エディタ内に設置したシナリオ遷移ボックスをクリックすると、画面右側の編集欄に同一ボット内のシナリオ一覧が表示されます。「シナリオ遷移編集」の中から、遷移させたいシナリオを選択しましょう。

スクリーンショット
シナリオ一覧から選択

シナリオ遷移時の発話内容について

シナリオを遷移する場合、ボットの発話には「遷移前のシステム発話ボックスの発話内容」と「遷移先の最初の発話内容」が連続して表示されます。

下図のように、遷移前のシナリオAのシステム発話内容が「こんにちは。」、遷移先のシナリオBの最初のシステム発話内容が「サービスについてご案内します。」だった場合 、「こんにちは。サービスについてご案内します。」が一つの発話として表示されます。

スクリーンショット
シナリオA:はじめてのあいさつシナリオ
スクリーンショット
シナリオB:サービスについてのお問い合わせシナリオ
スクリーンショット
ボットの発話内容
読込中...