ボットに情報を覚えさせよう

ボットはユーザーごとに情報を覚えることができます。この情報をもとにすると、下記のような事ができます。

  • システムの発話にユーザーの情報を織り込む
  • ユーザーの情報をもとに発話内容を変更する
  • ユーザーの情報をもとにシナリオを遷移させる

今回はユーザーの名前を覚えて、覚えた名前を使って会話をするボットを作成してみましょう。

STEP1:ボットに名前を覚えさせる

まず、ユーザーに名前を尋ねる発話ボックスを作成します。システム発話ボックスを作成し、発話の内容を「名前を教えてください」と設定します。
次に、「*」というユーザー発話を設定します。

※発話内容の設定については、発話内容を設定しようを参照ください。
スクリーンショット

次に、ボットに名前を覚えさせる設定をしていきます。

※ボットに情報を覚えさせるタイミングは覚えさせたい情報をユーザーが発話する直後になります。
エディターのシステム発話ボックス(赤いボックス)上部にある鉛筆アイコンをクリックしてください。編集画面が表示されます。

スクリーンショット

追加ボタンをクリックする事によって、覚えさせる情報の設定ができます。

スクリーンショット

「名前」の設定

覚えさせた情報を後で呼び出すために使う「名前」を設定します。「名前」には半角英数字のみ指定が可能です。今回は、ユーザーの名前を覚えさせたいので、“name”を「名前」に設定しましょう。

「内容」の設定

内容では直前のユーザー発話のどの部分を覚えさせるかを設定します。
今回は「#」と入力し、表示された一覧の中から、“人名”を選択しましょう。

スクリーンショット

特定の文字列を覚えさせる

例えば、“あなたは成年ですか? 未成年ですか?”という質問に対し、“成年”か“未成年”のどちらかを覚えたい場合は、「内容」に覚えさせたいキーワードを直接入力します。
“成年”と”未成年”の2択の場合は、同じ名前のボックスを2つ用意し、それぞれの内容に“成年”と“未成年”を入力しましょう。

ユーザーの発話の一部を切り取って覚えさせる

覚えさせたい内容によっては、ユーザーの発話内容を事前に予測することが難しい場合があります。例えば、“”あなたの名前を教えてください”という質問に対しては、どんな名前が入力されるかは事前にはわかりませんし、どの部分が名前なのかを判断することも難しいでしょう。そのような場合は「ユーザー発話」機能が利用できます。「ユーザー発話」を選択すると、発話内容からシステムが“人名”や“場所”などを表す部分を自動で判定して覚えさせる事ができます。下記にいくつかの例を記載します。

  • アスタリスク部分:直前のユーザー発話ボックスで設定した「*」部分を覚えます
  • 人名:ユーザーの発話から人名の箇所を自動判定して覚えます
  • 場所:ユーザーの発話から場所の箇所を自動判定して覚えます

既に覚えている内容がある「名前」を指定した場合、「内容」は上書きされます。

Repl-AI上で提供しているシミュレータは、起動のたびにユーザー情報がリセットされます。

STEP2:覚えさせた情報の利用

ボットに覚えさせた内容はシステム発話で利用することができます。エディター内のシステム発話ボックス(赤いボックス)下部にある鉛筆アイコンをクリックしてください。編集画面が表示されます。

※条件分岐に関する内容は、シナリオを分岐させようを参照ください。

スクリーンショット

「覚えた内容」機能

発話内容を追加します。

スクリーンショット

「+」を入力し、ボットに覚えさせる際に設定した「名前」を選択します。

スクリーンショット

この状態で実際にボットを呼び出すと、覚えている内容を発話してくれます。
下の図では、あいさつ文にユーザーの名前を織り込んだシステム発話を設定しています。

※ボットが情報を覚えていない場合は、「undefined」と出力されます。

スクリーンショット
スクリーンショット

覚えさせた情報を忘れさせる

ボットは一度ユーザーの情報を覚えると、対話が途切れても忘れることはありません。覚えさせた情報を忘れさせたい場合も、システム発話ボックスにて設定できます。忘れさせたいタイミングのシステム発話ボックス(赤いボックス)上部にある鉛筆アイコンをクリックし、追加ボタンをクリックしてください。

「名前」の設定

忘れさせたい情報の「名前」を入力します。

「内容」の設定

「覚えた内容」を選択し、“undefined”と入力します。

スクリーンショット
読込中...