エディターの使い方

はじめに

Repl-AIでは、発話ボックスを線で繋ぎながら、会話の受け答え(シナリオ)を視覚的に作成できます。

シナリオの作り方

Repl-AIにおける対話は、基本的に「ユーザーの発話に対して、ボットが返答する」という仕組みになっています。システム発話ボックスとユーザ発話ボックスを組み合わせてシナリオを作成していきましょう。

またそれ以外にも知識Q&Aボットボックス雑談対話ボットボックスを利用することで、様々な受け答えをする設定ができます。

ボックス一覧

対話ボックス

対話ボックスはシナリオを書くために必要な、基本的な機能を提供するボックスです。

ユーザー発話ボックス
ユーザーの発話を判定するボックスです。ユーザー発話ボックスに「おはよう」と記述されていると、ユーザが「おはよう」と入力した際に、シナリオはこのボックスから次のボックスへと遷移します。
ボックスをクリックして表示される右側の編集欄に、予想されるユーザーの発話内容を記述します。

詳しい編集方法については"発話内容を設定しよう"をご覧ください。
スクリーンショット
ユーザー発話ボックスを設置する
システム発話ボックス
ボット側の発話内容を記述するボックスです。シナリオがこのボックスに遷移すると、記述内容をボットが発話します。
ボックスをクリックして表示される右側の編集欄に、システムに発話させたい内容を記述します。

詳しい編集方法については"発話内容を設定しよう"をご覧ください。
スクリーンショット
システム発話ボックスを設置する

シナリオ制御ボックス

シナリオ制御ボックスは発話の内容には直接影響しませんが、対話の流れを制御する大事なボックスです。

シナリオ遷移ボックス
シナリオ遷移ボックスは、ボット内の別のシナリオに遷移するためのボックスです。システム発話ボックスの後に設置することで、システム発話の後に別のシナリオへ遷移させることができます。
シナリオ遷移ボックスを利用すれば、複雑な内容を複数のシナリオに分けて管理することができます。

詳しい編集方法については"他のシナリオと連携しよう"をご覧ください。
スクリーンショット
他のシナリオへ遷移させる
ユーザー発話起点ボックス
ユーザー発話起点ボックスは、ユーザー発話から対話をスタートする際に起点となるボックスです。ユーザー発話ボックスとのみつなぐことができます。
スクリーンショット
ユーザー発話起点ボックス

下記図のようにシナリオ内に複数設置可能です。

スクリーンショット
ユーザー発話起点ボックスは一つのシナリオ内に複数設置可能
システム発話起点
システム発話起点ボックスは、システム側から対話をスタートする際に起点となるボックスです。システム発話ボックスへつなぐことができます。
ユーザー発話ボックスと違い、 システム発話起点は1つのシナリオにつき1つしか設定できません。
スクリーンショット
システム発話起点ボックス

連携ボットボックス

連携ボットボックスは、外部の機能と連携したボットボックスです。シナリオ内で連携ボットボックスを呼び出すことによって、高度な受け答えを簡単に実現できます。

現在は、docomo Developer support上で公開しているAPIを利用した知識Q&Aボット、トレンド記事ボット、雑談対話ボットが用意されています。

詳しい使い方は"ボット連携機能を活用しよう"をご覧ください。
スクリーンショット
システム発話起点ボックス

ボックスの操作

ボックスのコピー

エディタ内のボックスを選択した状態で、右上メニューの「コピー」を選択することでボックスをコピーできます。Shiftキーを押しながら範囲選択すると、複数のボックスをまとめてコピーすることもできます。

スクリーンショット
ボックスのコピー

ボックスの自動整列

右上メニューの「整列」をクリックすると、エディタ内のボックスを自動的に整列させることが出来ます。

スクリーンショット
ボックスを整列する

ボックス検索

ボックス検索は、ボックス内の文字を検索することが出来る機能です。
フォームに検索したい文字を入力し、Enterを押すと下に結果が反映されます。また、フォームの下部にあるボタンで検索対象をユーザー発話・システム発話・変数名に絞り込むことができます。

検索結果をクリックすると、エディタ内のボックスへ自動的にフォーカスされます。

スクリーンショット
ボックス検索
読込中...