シナリオを分岐させよう

シナリオは条件によって分岐させることができます。

シナリオの条件分岐に

  • ユーザーの発話にあわせてシナリオを分岐させる方法
  • ボットが覚えている情報によってシナリオを分岐させる方法

があります。

ユーザーの発話にあわせてシナリオを分岐させる

複数のユーザー発話ボックスに対してそれぞれ別のシステム発話ボックスをつなげることで、シナリオを分岐させることができます。

下の画像では、ユーザーが「おはよう」と発話した場合と「こんばんは」と発話した場合でシナリオを分岐させています。

スクリーンショット
ユーザーの発話内容による分岐

ボットが覚えている情報によってシナリオを分岐させる

ボットにユーザーの情報を覚えさせる方法は、ボットに情報を覚えさせようをご確認ください。

一つのユーザー発話に対して複数のシステム発話ボックスをつなぐことで、シナリオを分岐させることができます。
下の画像では、ボットが名前を覚えているか否かで、名前を聞くか挨拶をするかの分岐をさせています。
スクリーンショット
ボットが覚えている内容による分岐

条件の設定

システム発話ボックスに条件を記述するためには、エディター内のシステム発話ボックスをクリックして編集欄を表示させ、タブを “入力条件” に切り替えます。

スクリーンショット
“入力条件” にタブを切り替え

「条件を追加する」をクリックして、システム発話ボットに登録したテキストをボットが発話する条件を指定してください。

下図では、ボットが“name”という変数名で “ユーザーの名前を覚えている” という条件を設定しています。“覚えていない” という条件を指定したい場合は “設定されていないとき” を選択します。

スクリーンショット
「変数名 “name” が設定されているとき」という条件

条件が他のボックスにマッチしなかった場合、条件を設定していないボックスにシナリオは遷移します。

同じシステム発話ボックスで覚えさせる内容は、条件に利用できないのでご注意下さい。

複雑な条件の設定

条件分岐を記述したシステム発話ボックスを複数つなげていくことで、より複雑な条件を設定することが可能です。

“女性” で “学生” のユーザーにのみ、 “学校では何が流行ってる?” とボットに質問させるシナリオを書くには以下のように設定します。

1. 条件分岐に必要なユーザー情報を覚えさせるシナリオを作成し、2つの情報を覚える変数を設定します。

  • gender・・・性別を保存する変数
  • student・・・学生かどうかを保存する変数
スクリーンショット
“女性” というユーザー情報を覚える
スクリーンショット
「学生ですか?」という問いに対して「はい」と答えたことを覚える

2. システム発話ボックスを2つ用意し、それぞれに下記内容を設定する。
  • “gender”が“女性”の時、と設定する。
  • “student”が“はい”の時、と設定する。

スクリーンショット
シミュレータで確認
読込中...