作ったボットとLINEで話そう

Repl-AIではエンジニア知識がなくても、作成したボットをLINEと連携する事が簡単にできます。

LINEアカウントとボットを連携する

1. ボット用のChannelを作成

LINE DevelopersのMessaging APIページにアクセスし、お持ちのLINEアカウントでログインします。初めての場合は開発者登録を行います。

スクリーンショット

※LINEのパスワードとメールアドレスを設定していない方は、下記の手順で設定してください

スクリーンショット

画面に合わせてChannelを作成します。プロバイダー名にはご自分の名前、あるいは企業名などを入力しましょう。

スクリーンショット

つづいてアイコン画像、アプリ名(ボット名)、アプリ説明(ボットの説明)などを入力していきます。まず試しに作ってみる場合、プランはDeveloper Trialを選択します。

スクリーンショット

作成が完了したら、リンクより設定画面へと進みます。

スクリーンショット

まずアクセストークンの発行を行います。再発行ボタンより発行しましょう。

スクリーンショット

次にメッセージ送受信設定にて、Webhook送信の「利用する」にチェックを入れ、更新します。

スクリーンショット

ここまで対応ができたらRepl-AIの設定画面に移動します。

2. ボットをLINEと連携させる

Repl-AIのボット一覧画面でLINEと連携させたいボットを表示し、LINEと連携させます。 まず、連携させたいボットのタブに表示されているLINE連携ボタンをクリックしましょう。

スクリーンショット

LINE Developersで作成したChannelの基本設定画面に表示される、Channel ID、Channel Secret、アクセストークンを確認します。

スクリーンショット

Repl-AIの画面に戻り、Channel ID、Channel Secret、アクセストークンをそれぞれ入力します。Channel IDを入力すると、Webhook URLが自動生成されます。URLをコピーし「作成する」をクリックしましょう。

URLは必ずコピーしましょう。

スクリーンショット

LINE Developersに再び戻り、Webhook URLに”https://”以降のコピーした内容を貼り付け”更新”をクリックします。またチャットボットの応答メッセージと混ざってしまわないように、自動応答メッセージの設定利用しないに変更しておきます。

スクリーンショット

LINE Developersに表示されるQRコードをLINEのアプリから読み込んで友達になれば、ボットと会話をすることができます。

LINEならではのシナリオ表現

ここでは、LINE向けボットならではの機能を説明します。

システム発話ボックスに画像のURL(HTTPS、かつ、jpgのURL)を入力すると、画像が返信されます。

スクリーンショット
スクリーンショット

システム発話ボックスに動画のURL(HTTPS、かつ、mp4のURL)を入力すると、動画が返信されます。

※現在、サムネイルの表示対応しておりませんが、近日中に対応予定です。

スクリーンショット
スクリーンショット

より高度な、LINEならではのシナリオ表現

システム発話ボックスの発話内容に、LINE DevelopersのAPIリファレンスに記載されたJSON形式で記述し、末尾に「.template」とつけると、様々な機能が使えます。

たとえば、スタンプの場合は下記の通り設定すると表示されます。

"message": {
"type": "sticker",
"packageId": "1",
"stickerId": "1"
},...]
スクリーンショット
読込中...