ユーザー辞書を活用しよう

ユーザー辞書を利用すると、曖昧一致などの機能で吸収できない表記ゆれに対応することができます。例えば「レプルエーアイ」,「レプル」,「リプルエーアイ」などのサービス名を「Repl-AI」としてシステムに認識させたい場合、辞書に設定しておくことで「Repl-AI」と認識させることができます。

またYES/NOの返答や挨拶など、頻繁に記述する表現を辞書に登録しておくと、シナリオを作成する手間を下げることができます。

辞書設定前

スクリーンショット
都度書くのは大変

辞書設定後

スクリーンショット
スッキリ書くことができます

ユーザー辞書の作成

ユーザー辞書はボット毎に作成する事ができます。ボット一覧画面に表示されるユーザー辞書ボタンより設定画面を開きます。

スクリーンショット

単語の追加

追加ボタンをクリックします。

スクリーンショット

表示された設定画面に代表単語を入力しましょう。代表単語は、様々な単語をまとめて表すキーワードとなります。先程の例では「Repl-AI」が代表単語になります。

スクリーンショット

次に、「代表単語に吸収する単語」を追加しましょう。

スクリーンショット

画面下部の保存ボタンをクリックして、反映完了です。

※保存ボタンの押し忘れにご注意ください。

ユーザー辞書を利用するには

文章中に、辞書に登録した単語が入っていれば、全て代表単語に置き換えられます。

例えば同意する表現をまとめたい場合、「はい / OK / そうです」を「YES」として辞書に登録しておくと、 「OK」という文章は「YES」という文章に変換されます。ユーザー発話ボックスに「YES」と設定しておくだけで、ユーザーの様々な同意の表現に対応することができます。

スクリーンショット
スクリーンショット
読込中...