最初のチャットボットを作ろう

まず「おはようございます」と話しかけると「良い天気ですね」と返してくれる簡単なチャットボットを作るところから体験してみましょう。

およそ10 - 15分ほどの作業で、Repl-AIをつかってどのようにチャットボットを作るかイメージをつかめるようになります。

STEP1 : 新規登録、ログイン

こちらより新規ユーザー登録を行い、Repl-AIにログインしましょう。

Repl-AIの利用にはdocomo Developer support アカウントが必要となります。

STEP2 : プロジェクトの確認

ログインが完了するとダッシュボードに移動します。すでに“sample”プロジェクトができているので、今回はこちらの“sample”を編集することとします。

せっかくなのでプロジェクト名を “はじめてのチャットボット”と変えてみましょう。プロジェクト名の右にある編集ボタンをクリックします。

ダッシュボードには、サイト上部にあるプロジェクト一覧のリンクより移動することができます。

スクリーンショット
ダッシュボード

確認画面でプロジェクト名を入力して“変更する”をクリックします。

プロジェクト以外にも、ボット名、シナリオ名を後から変更できます。

スクリーンショット
プロジェクト名の変更

プロジェクト名を変更したら、プロジェクトの詳細を確認しましょう。

“サンプル”ボットにシナリオが4つあるのが確認できます。今回は一番下の“シナリオ”を編集して利用することとするので、他のシナリオを消しておきます。

Repl-AIは、プロジェクト → ボット → シナリオと階層でできています。
ボットは(本番用 / テスト用)など複数作成して利用できます。
シナリオを複数作成して、会話の遷移を作ることができます。

スクリーンショット
シナリオ一覧

確認画面が出るので削除を行います。

スクリーンショット
“削除する”をクリック

削除ができたら、続いて“シンプル”以外のシナリオ(“docomoAPI連携” / “LINE連携”)も削除します。

STEP3 : エディター / シミュレータでの確認

続いてシナリオをエディターで確認します。

シナリオ(シンプル)をクリックしてエディターを開きましょう。

スクリーンショット
プロジェクトの確認

エディターをひらくと、すでにシステムが“こんにちは”と発言するように書かれているのを確認することができます。左下の“シナリオを保存して公開”ボタンをクリックして、シナリオを公開します。

のちほど、エディターでシナリオを編集します。まずはこのままシナリオを公開してみましょう。

スクリーンショット
シナリオを保存して公開する

保存されると確認画面が表示されます。OKを押しましょう。

スクリーンショット
確認画面。OKを押します

プロジェクト画面に戻り、シミュレータを起動して確認しましょう。

スクリーンショット
プロジェクト画面より、シミュレータを起動

シミュレータ画面を開いたら、“init”と入力し送信ボタンを押してシミュレータを起動します。“こんにちは”と返事があると成功です。

スクリーンショット
シミュレータでシナリオの確認

STEP4 : シナリオの編集 - 発話内容の編集

「おはようございます」と話しかけると「良い天気ですね」と返すようにしたいと思います。まずその前に、最初にボットが“おはようございます”と話しかけてくれるように変更します。

プロジェクト画面にてシナリオをクリックして、もう一度エディターを開きましょう。

スクリーンショット
エディターを表示する

発言内容の横にある編集ボタンをクリックします。

スクリーンショット
編集ボタンをクリック

“こんにちは”と書いてあるところを“おはようございます”と書き換えて“保存する”ボタンをクリックします。

スクリーンショット
発話内容の編集

一旦、シミュレータで確認してみたいと思います。“シナリオを保存して公開”をクリックしてシナリオを保存します。

スクリーンショット
シナリオを保存して公開

シミュレータを開き(ページを閉じている場合、ふたたびプロジェクト画面よりシミュレータを起動しましょう)、“init”と入力してシミュレータを再起動します。“おはようございます”とボットより応答があると成功です。

スクリーンショット
シミュレータで確認

STEP5 : シナリオの編集 - 受け答えの追加

続いて、「おはようございます」とユーザーが話しかけると「良い天気ですね」と返すようにしたいと思います。

プロジェクト画面にてシナリオをクリックして、エディターを開きましょう。

スクリーンショット
エディターを表示する

ユーザーが“おはようございます”と話しかけた際の受け答えをつくります。左にあるユーザー発話ボックスを右のキャンバスにドラッグ&ドロップします。

右上にあるサイズ変更ボタンを押して、表示サイズを調整すると作業しやすいです。

スクリーンショット
発話ボックスをドラッグ&ドロップ

続いてシステム発話ボックスと線でつなぎ、会話の流れをつくります。つないだらユーザー発話ボックスの内容を編集します。編集ボタンをクリックしましょう。

スクリーンショット
発話ボックスを線でつなぎます

発話内容に“おはようございます”と入力して、保存します。

今回は“おはようございます”と入力するだけですが、複数のテキストを設定したり、“部分一致”、“曖昧一致”などの指定ができます。

スクリーンショット
発話内容の編集

今度はボットが返答できるよう、左にあるシステム発話ボックスをユーザー発話ボックスの右にドラッグ&ドロップします。

スクリーンショット
システム発話ボックスを追加

ユーザー発話ボックスと線でつなぎ、編集ボタンをクリックします。

スクリーンショット
システム発話ボックスの編集

追加ボタンをクリックします。

スクリーンショット
発話内容を追加

“良い天気ですね”と発話内容を入力して保存します。

スクリーンショット
発話内容の編集

これでシナリオの記述は完了です。シナリオを保存して公開し、シミュレータを起動しましょう。

スクリーンショット
シナリオを保存して公開

シミュレータを起動したら“init”を入力して再起動しましょう。ボットの発言の次に“おはようございます”と入力し、“良い天気ですね”と返事があると成功です。

スクリーンショット
シミュレータで確認

以上が、ボットの作成方法の基本です。シナリオを書いていくイメージがつかめたでしょうか?

続いて、他の使い方を参照しながら、ユーザーの発言にあわせてシナリオを分岐したり、SNSとの連携などに挑戦してみましょう。

読込中...